らあめん治助01

1_20131102231933ba0.jpg
らあめん治助(超ナビ)

ホル豚さん出た@まだ小腹も空いてるので、復活した大家さんに行こうかなと。
向かう途中でこちらが目に入って来た。


2_2013110223193595c.jpg
前回来たのはすっげえ前、どんな味かも覚えてない。
ってか、失礼ながらずっと閉店しているものだとばかり思ってました;;


3_201311022319365c2.jpg
入店すると暖簾代わりに麺の簾がかかっておりますよ。


4_20131102231937882.jpg5_20131102231939e98.jpg
店内はU字型のカウンターのみ。


6_20131102231953e87.jpg
卓上アイテムは高台におわします。


7_20131102231954c07.jpg8_201311022319560fc.jpg
年季が入った壁のおしながき。

もう味も覚えてませんから、デフォで何故か深夜料金ありの醤油をw


9_20131102232015a4b.jpg
10_20131102232016697.jpg
醤油らあめん580円

(`・ω・´)!?


11_2013110223204330c.jpg12_20131102232044cc4.jpg
キレの醤油ダレは中々の主張、動物系はかなり弱め、
序盤から支配的なのが煮干しの風味でございます。

麺はお店のオリジナルらしい独創的な一品。
モチグミな食感は何処か郷愁を覚えるものでした。


13_201311022320468b8.jpg14_20131102232047326.jpg
15_201311022320495df.jpg16_201311022320586b7.jpg
やや一風呂浴びて抜けきった感はございますが、柔らかいチャースが2枚。
短めの短冊に切られたマンメは量多め、柔らかでニャッキリとでもいいましょうか。

みどりの、マッパ!

そして大量の薬味ネギ。・・・・で済ましてはいけない!
ともすればタレと煮干しの酸味に支配されそうな所を、
ネギのフレッス・リフレッス感で相殺、いやもとい共生へ昇華!
抜群の存在感なのですよ。


恐らく580円っていう単価からしても原価はお安いとは思う。
だけどその原材料を使ってMAXの高みまで押し上げてる技量は凄い。

ただしMAX自体の限界値はラデブで言えば75点位までですよ。

ともかく、寡黙で故に何処かコミカルにも見えてしまうテンス様はマイスター。
夜の松山でかしらを愉しんだら、帰りに黒タクでいかがでしょうか。

 ごちそうさまでした!
 
関連記事

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラメーン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: いつも楽しく拝見しています。

コメントありがとうございます。

おぉ~同郷の方でしょうか?
普段は麺屋さんで餃子は食べないので盲点でした。
寡黙で真摯なテンス様ですが、どこか愛嬌がございますよねww

いつも楽しく拝見しています。

治助が出たので思わずコメ入れたくなってしまいました(笑)。
良く立ち寄られましたね~。
今度は餃子を頼んでみてください。
必ず「焼き~?蒸し~?」と聞いてくれます…ワンレンの御主人が(笑)。
プロフィール

Sleepy

Author:Sleepy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR