スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃいにーず 無論村 01

埼玉県熊谷市樋春1952-1


3/29の夜
桶川の6系グループの新店行ってみようかとラデブで住所見ようとしてたら、
熊谷に新規登録あるじゃな~い?なんか見覚えがある気がするがとりま行ってみそ。


1_20150330031604c53.jpg2_201503300316064b1.jpg
着いてみればよかろう江南の跡地ですた。で、看板見て思い出した。
たしか熊谷駅前にお店あるよね、ってこたぁ江南店ってとこか。


3_20150330031607fc8.jpg4_201503300316086c2.jpg
5_20150330031611854.jpg6_20150330031618faa.jpg
ほぼよかろう江南の状態キープでそか。昼はともかく夜は妙にハイソな感が。
メヌーちら見してみるとオーソドックスな中華屋さんって感じ。

決め手にかけたのでとりま人気NO1とあるノリで。



7_2015033003163812d.jpg
8_2015033003164035b.jpg
のりラーメン750円

予想の遥か斜め上をいった海苔の量!


9_20150330031641211.jpg
10_2015033003164282f.jpg
先ず海苔が大量すぎての写真状態にするのは至難の技。
柔らかいがしっかりとした塩気を伴うキレイなスープ、やや強めに感じるのは海苔からか。


11_20150330031644b68.jpg
極細の類でかなり柔らかい麺。大量の海苔が纏わり付き、故に冷めにくいので激熱。

所謂具材は皆無で白胡麻のトッピングと海苔の嵐。全く以って潔い。
がちと寂しさとお高い感はあるかも。美味いんですけどね!


続きまして、



12_20150330031656a45.jpg
13_20150330031658ffa.jpg
醤醤メン(汁なし)650円

先程の草原を思わせるグリーンから、深紅ともいうべきスカーレットな一杯が。


14_201503300317008ce.jpg
15_201503300317017ed.jpg

まだ四川的な椒の辛味でないのが救いだけども、ワタシにとっては強~中の辛さ。
麺はさっきのラメーンと共用と思われる細麺で、餡をたぷーりと纏わり付かせます。


16_20150330031702793.jpg
必死こいてまんグリ返しした後はミートソースのスパの出来上がり。
まぁ辛い訳だけんども、辛すぎる訳なんだけどもw
・・・・・普通の人だとピリ辛程度かもしらんw


ナニはともあれ開店おめでとうございます。



17_201503300319353d3.jpg
 ごちそうさまでした!
 

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sleepy

Author:Sleepy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。